スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血桜一家の舞台背景

八キュ派の人だけ読むこと。

































よくわかるメゾ天年表


最初に:とりあえずこの世界では現代と同等かそれ以上の科学が存在する。魔法とかは基本的にない。


それ以前:代々続いているそれなりの名家、血桜家には名前未定の兄弟が。
        兄が本家、弟が分家ということになる。
        本家は血桜家に、分家は都会暮らし。
        家族間の仲は非常に良かった。

25年前:分家に東牙誕生。ガキ大将的な感じの熱血少年だった。

21年前:本家に駆狼・羽天の双子誕生。駆狼はクールで、羽天はおとなしくて病弱だった。

16年前:分家に氷晶誕生。無口で無愛想な少女だった。

~この間に分家、都会にアパート「メゾン・ド・天法」を購入、最上階に住み始める~

12年前:分家に来馬誕生。

10年前①:祭事で血桜家全員が本家に集まった日に災害発生。本家全壊。
       五人を残して血桜家、全滅。この日から五人はしばらく苦しい生活を送ることになる。

10年前②:とりあえず本家が全壊したので五人でメゾン・ド・天法に住むことに。
       相続とか難しいことは知り合いだったタワーに任せることになる。
       最終的に税金でほとんど持っていかれたせいでなんとかして働かざるを得なくなる五人。
       苦しい生活(+労働)のせいで各人の性格が歪む。

       東牙:当時15歳。最年長として家族のため年齢を偽ってあらゆる仕事をする。
           用心棒や代打ち、果ては傭兵など危ない仕事も多かったようだ。
           そのせいで思慮深い性格に。外に出たがらないのもそういうのに関わりたくないから。
       駆狼:当時11歳。小学校に通いつつアルバイトで日銭を稼ぐ。
           多忙かつ厳しい生活の中で「せめて実の妹だけは守りたい」という気持ちが暴走、シスコンに。
       羽天:当時11歳。小学校に通う。
           家事は壊滅的な上に内職もできなかったので、せめてみんなを元気づけようと努める。
           結果、病弱なのを克服したが反動であんなのになる。やりすぎ注意。
       氷晶:当時6歳。小学校に上がったばかりなのに内職担当。
           他に誰もできるものがいないため、家事と内職を一手に引き受けることに。
           その結果、プロ級の家事力と驚異的な器用さを身につける。
           家庭的になった結果、心が丸くなり気さくになった。唯一のプラス効果。
       来馬:当時2歳だったため精神の歪みを免れる。よかったね。

7年前:住人の助けもあり、なんとか生活が軌道に乗る。
     家賃と槍だけで生活できるようになる。

3年くらい前:来馬、羽天のことが気になり始める。
        羽天、来馬のことをいじり始める。

1年前:氷晶、猛勉強の末に名門聖バベル学園に入学。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カグラレイヴ

Author:カグラレイヴ
kagurarave幽々子yahoo.co.jp
幽々子を@に変えてどうぞ。


サリングとかをしていたはずのカグラレイヴはどこへ行ったのでしょうか。




Sasaさん→Loli.comさん
ひーぽん→montanさん
飛び亀さん→ファッキンJさん

俺は誰に当たるのか。cacaocayoの人?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

株式会社 藤商事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。